睡眠環境・寝具指導士®インタビューと活動報告

資格を活かして情報発信を…

有限会社 原ふとん店
原 陽子

 弊社は岡山県倉敷市の駅前に寝装寝具のお店を創業させていただいて、今年で61年目を迎えさせいただきます。 「睡眠環境・寝具指導士」の資格のことは丸三綿業株式会社の富澤社長様よりご紹介いただき、受験させていただきました。

 4年程前から各地で睡眠セミナーを開催させていただいておりますが、この試験を受けたことでますます知識の幅も増し、より正しい情報の発信に役立てさせていただいています。商工会議所様をはじめと>してロータリー様、公民館や保育園、子育て支援のNPO様、スポーツクラブなどにお声をかけていただいたり、ラジオやテレビ、雑誌などメディアなどにも取り上げていただくなど活動の場がだんだんと>広がってきています。

 毎回セミナーで頂くアンケートでは「眠りに関する疑問が解けてよかった」とか「もっと早く聞きたかった」というようなお声もよくいただきます。「睡眠環境についての正しい知識」にも興味をお持ちの>方々も多い事から寝具の取り扱いも含めた知識の普及に努めたいと思っています。

 厚生労働省が2014年に策定した「健康づくりのための睡眠指標二〇一四」などをはじめとして国も国民のQOLの向上に力を入れて下さっている昨今、ますます「睡眠環境・寝具指導士」の資格取得は>その必要性を増してくるものと思われます。こうした資格を保有したうえでの接客はお客様の信頼も高まり、商品の付加価値を高めていくにも一役買っていただいていると感じます。

 尚、日本睡眠環境学会様の開催される勉強会などを通じて、最新の正しい情報をいち早く取り入れることもお客様への大きな貢献にもなると思います。

 現場から見えてくるのはまだまだ睡眠のことを知らないお客様が多いという事です。昨今、メディアでの睡眠に関する情報の露出が随分増えたようにも思いますが、だからこそ正しい情報が何かをいち早く>キャッチして一人でも多くの方により良い睡眠を摂って頂けるようにすることが、私たち寝具を扱う者の使命と思い、睡眠知識の普及に努めたいと思います。