サイト内を検索 WWW を検索

〜 環境問題への取組み 〜

JBAの環境対策
「ふとんのリサイクル等推進アクションプラン」

(一社)日本寝具寝装品協会(JBA)では、経済産業省の「繊維製品3R推進会議」において、繊維製品の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するためにアクションプランを作成することが合意されたのを受け、平成15年1月に「ふとんのリサイクル等推進アクションプラン」を策定いたしました。

3Rとは
【3Rとは】
  廃棄物問題の解決と資源の有効利用の促進を図るために、平成14年に施行された「資源有効利用促進法」の具体的な3つの取り組みのことで、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の頭文字をとって3Rといいます。

リデュースは、廃棄物の発生を抑制する取り組みで、省資源化や長寿命化といった取り組みを通じて、商品の製造、流通、使用等に係る資源の利用効率を高めることです。
リユースは、使用された商品を回収し、必要に応じ適切な処理を施しつつ商品として再利用を図ること、又は再利用が可能な部品の利用を図ることです。
リサイクルは、使用された商品や製造に伴い発生したクズ(繊維クズなど)を回収し、原材料として再利用(マテリアルリサイクル)すること、又は焼却して熱エネルギーとして再利用(サーマルリサイクル)することです。
ふとん業界の現状と3Rへの取り組み
(一社)日本寝具寝装品協会(JBA)では、ふとんが平成2年12月の産業構造審議会廃棄物処理・再資源化部会の「今後の廃棄物処理・再資源化対策のあり方」の答申で、主要廃棄物の一つに取り上げられたことを契機に、業界は廃棄ふとんの回収や処理方法の実態調査、再資源化方法等についてこれまで積極的に取り組んできたところです。
しかし、ふとんは一般的に個人が占有して使用するものであり、感性面や衛生面での商品特性をもっています。さらに、大型商品であることから物流面での課題も抱えております。また、ふとん業界の事業者はそのほとんどが中小企業者であり、個々の企業が独自で3Rに取り組むことは困難な状況にあります。
この現状を考慮し、(一社)日本寝具寝装品協会(JBA)では平成3年に設置した「ふとん廃棄物処理・再資源化対策委員会」を、平成11年に「リサイクル委員会」と名称変更し、平成14年に委員会組織を強化するとともに寝具寝装品関連7団体が協力して3Rに取り組む体制を構築しつつ、活動しています。
具体的なアクションプラン
【リデュースの推進】
●ふとんの製造は、ふとんわた製造工程、ふとん側製造工程及びふとん製造工程があり、ふとん側製造工程では生地を裁断する際に発生する裁断くず、また、ふとん製造工程の仕上げ段階で発生するふとん側及びふとんわたの裁断くずがあり、これらの原材料くずの減量化、再生利用を推進します。
◆具体的な目標
①製造工程の原材料くずの発生率を5年間で、現在の約4.5%から4%以下に減量化することを目指します。
(年1回原材料くずの発生量、再生利用量及び再生利用方法に関する調査を行い、未達成の事業者を促すことにより、目標達成を目指します。)
②詰めもの(中わた)の原材料くずの再生利用率を5年間で、現在の約50%から60%以上に高めることを目指します。
(原材料くずの減量化、再生利用方法に関する研究を(一社)日本寝具寝装品協会・リサイクル委員会で検討を行い、目標達成を目指します。)
【リユースの推進】
  ふとんには、打ち直し、リフォームの技術があり、この技術を活用しふとんの再利用を推進します。
(ふとんの打ち直し、羽毛ふとんのリフォーム等に関する調査を行うとともに、関係団体とリフォーム等に関する検討を行い、ふとんの再利用を推進します。また、パンフレット「ふとんのQ&A」2万部を作成し、消費者への啓発活動を行います。)
【リサイクルの推進】
  ふとんのリサイクルを推進するため、易リサイクル商品開発、リサイクル配慮設計商品のマーク制度の検討、使用済みふとんの用途開発の調査研究及び回収システムの構築のための調査研究等について検討を行います。
〔易(えき)リサイクルとは〕
リサイクルし易いように設計、加工、製造された商品を、易リサイクル商品と呼称しています。

(1) リサイクル配慮設計商品の基準策定及びマーク制度の導入の検討
〔目標〕
①リサイクルし易いふとんの商品開発のため、素材の単一化及び積層化、設計等についての検討を行います。
(ふとんの原材料の単一化及び積層化、設計等に関する調査を行い、開発商品についてモニターテスト及びテスト販売等についての検討を行い、その成果を会員企業等に情報提供を行います。)
②リサイクル配慮設計商品の基準策定の調査研究、及び消費者の判断基準となる識別マーク導入の検討を行います。
③グリーン購入法「特定調達品目」としてふとんの対象拡大についての検討を行います。
(2) 使用済みふとんリサイクル用途開発の検討
〔目標〕
①使用済みふとんのセメントキルン化及びサーマルリサイクルの検討を行います。
(セメント業界のリサイクル活動状況、及び使用済みふとんの受入れの可能性に関する調査及び検討を行います。また、サーマルリサイクル技術及び施設の調査及び検討を行います。)
②各素材別の用途開発に関する検討を行います。
(ふとん原材料別の用途開発の調査を行い、その成果を会員企業等に情報提供します。)
(3) 回収システム構築の検討
〔目標〕
①ふとんの下取りの実施状況及び回収量、処理方法等の実態調査を行います。
②使用済みふとんのモデル回収、及び関連業界と連携を図り最も合理的な回収システムの検討を行います。
③使用済みふとんの回収に当たっての取り扱い上の法律、制度的諸問題の研究を行います。
【3R広報活動】
  ふとんの3Rを推進するため、消費者への啓発活動、個別企業及び地域のリサイクル活動の調査等についての調査研究を行います。
(1) 消費者への啓発活動
〔目標〕
①「ふとんの日」(2月10日) にふとんの廃棄処理、リフォーム等に関する相談受付、及び9月の「ふとんを贈る日」(敬老の日)に啓発活動を実施します。
②(一社)日本寝具寝装品協会のホームページを通じ、ふとんのリサイクル事業の情報提供を行います。
③「ふとんのQ&A」パンフレット等の作成し、啓発活動を行います。
(2) 業界への啓発活動
〔目標〕
①(一社)日本寝具寝装品協会の機関紙「JBAニュース」を通じ、リサイクルに関する情報提供を行います。
②企業及び地域のリサイクルへの取り組み状況の調査、及び情報提供を行います。
(3) 使用済みふとんの廃棄に関する調査研究
〔目標〕
①消費者のふとん廃棄に関する実態調査を実施し、情報提供を行います。
②地方自治体の廃棄ふとんの取り扱いに関する調査を行い、情報提供を行います。
 

 
HOME